インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

ズキズキ?

全くの私事ですが昨日・・・、
ときたら芸能人ブログなんかでは「入籍しました!」になっちゃうんだろうね。
どうせ違うさ。

親知らず抜きました!(皆からのブーイングは耳を塞ぐ)
4月に1本真横向いて生えてるのを抜き、昨日は斜め向いているのを抜いたんですわ。

麻酔は子供の時以来。
「蚊が刺す位の痛さだよ」と言われながら、悶絶するほど痛かった時にゃあ「このヤブの嘘つきめ!」と子供心に思ったわけさ。

今は、身体が鈍感になったのか、注射慣れしたのか、そこの歯医者さんが上手いのか。
痛いは痛いが、泣き叫ぶ必要は無い位。

で、抜き始めるのだが、ま、処置は以前書いた通り。(グロいのでリンク貼らず。)
と、別の歯科で診療してもらった時にはそう説明されたが。

キューイーーーンも確かにあったが、ガリッゴリッの方が多かった。
それは痛くなーい。
道具のつなぎ目が唇に当たるのと、あごを持っていかれそうになるのが痛かった。

で、あっという間に終了。
説明を受けた前の歯科では2時間位の大手術になるようにも言われたが、たぶん数10分。
え?これで終わり?と何度も確認した。

痛くなーい。
ちょろーい。

少し話はズレるのだか、骨とかミイラとか苦手で、自分のレントゲンすらも見るのは怖い。
が、この歯のレントゲンに関しては別で、横や斜めに生えている親知らずが面白くて愛おしくてたまらない。
でも勿論、レントゲン写真は頂けないし、コピーも、ましてや写真も撮れず残念。

で、記憶に焼き付けようと、常にガン見していた。
それを助手の方が面白がってて、私を興味津々キャラに位置づけたらしい。

処置後しばらくガーゼらしきを噛んでいるのだが、どうも暇でやはりレントゲンをガン見。
そこへ助手さんが抜いた歯を近寄せてきてくれた。
「これも見たいでしょう(ニッコリ)」

普段なら怖いが、怖くなーい。
粉々になっているかと思えば、割と歯そのものの大きさ。
あの状態でこれだけキレイに抜けるのは素晴らしい、と。
また一つ自分の才能を発見した。(その才能はどこにどう生かせばいいんだ?)

そうそう、前に抜いた親知らず跡も順調に治っているらしい。
これも褒められた。同じく生かしにくい才能。

前回抜いた際は出血が止まらず、半日近くティッシュを噛んでは交換を繰り返していた。
真っ赤になったのを見て一瞬ウワッと思うが、よくよく考えると昔は献血で400ml採っていたし、今はバセドーの方で通院するたびに採血やし。
こんな血の量では貧血にもならんわ。と思ったもんだ。

実は「歯を抜いた痛みで何も食べられなくなってしまったダイエット」を期待していたが、痛くなーい。
これも二度目なのでもう期待は薄い。

人生劇的ビフォーアフターには程遠かった。
それでも「良かった」。

術後通院は続く・・・。

[PR]
by farmony | 2010-05-11 04:48