インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

「ブレトレ」しゆう。

ブレス・トレーニングを略してみたw
正式には何て言うんだか。

今日の「笑ってこらえて」の吹奏楽部では顔から息を吐くと言っていたが、ナイス表現だ。
口から出すのではない。

私は緊張屋な所も多大にあるので、呼吸法つまりブレトレはとても日常であり、歌う前の準備運動であり。

音にしてみれば「ス───────────────」と息を出すのが一般的である。
揺らがず太さを一定に、そしてその中に体内リズムを持って。
「無」と「集中」を併せ持った不思議な時間。
もう少しで開眼するやもしれぬ。

プラス、私独自のブレトレに「シヨゥオ───────────────」てのをする。
文字にするとちょっと違うな。 
正しくのイメージは、高知中域弁の「しゆう」に、幡多弁の「しよお」を交えた感じである。(もう伝わらない前提で突っ走るか。)
私は腹筋が弱いので、せめて歌前にこれをするとしないではだいぶ違う。

「シ」も上記の「ス」の様に、若しくは混ぜて。
口角を「シ」で上げたまま「ヨゥオ」で縦開きの口に滑らかにするべし。
「シ」で横腹から「ヨウォ」で前腹に空気を集まり、腹式呼吸パワーをMAXに持ってこれる。

歌う体勢に、骨盤を立てるとか、首後ろを上に引っ張られたようにとか、色々表現はあれど、これをすれば自然とそうなる。

他にも色々あるけど、地味な努力のほんの一部を。
おっ!文字ばかりだ。
[PR]
by farmony | 2010-06-09 23:51