インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

つれづれなるビートのままに

うへ~。。。喉痛い。口開けて寝てしまったぁ。
こんな時に限って、のど飴のストックがないので、ゆず湯を飲む。
蜂蜜にどっぷり浸かってるからカロリー高いんだなぁ。
しかも美味しいのでガブ飲み(←これがいかんのよ)。

先日のヘンスケの練習から、なんか余韻が消えない。
音が身体に住み続けている。
気持ちがいい。

佐渡裕さんの番組を観た。
その中で、二拍子の中のビートについて語っていた。
振り下ろすビート、振り上げるビート、平坦なビートの3種類が潜む。
つまりは、ただⅤの字(下ろす→上げる)を繰り返すのではなく、曲によっては下ろす下ろす下ろすというのもあると。

ひと昔ないし、ふた昔前なんかは、1 and 2 and 3 and 4 and…という、いわゆる「裏拍をとれ」だったが、ソウルを中心とした音楽をやっているうちに、これが少なくとも3連を含むようにと変わっていった。
ラルゴな曲は昨今のイラレな人にはつらい。間が持たない。
でもその中にもビートがある。
先の平坦なビートというのは何も無いないわけではなく、静寂という名のビートを刻み感じろ、なのだ。
確かにそうだなぁ。改めて気付く。

針木産の新高梨が美味しい秋でする。

[PR]
by farmony | 2010-10-13 17:18