インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

6月の進行状況まとめ

さてさて、この間3月の病状について書きましたが、その後を書かんと意味ないではないか。
下の「6月の進行状況まとめ」ってところです。

進行系の病気を抱えていると、気になるのがその速度と病状。
特に症例が少ないので、先輩方のブログで情報収集させてもらっております。

この間の定期検診(?)ではまだ病名は決定せず。
そこはまだ止まったままですが、どんどん進行しております。

そんな中、ヒットなのがルルドのマッサージクッション。
流行に乗るつもりは全くなかったのに買っちまった。
一応自分でもマッサージは日課だったけどね、
いうても手腕の力も無くなってきてるので電動が良いと。
この季節でもガッツリ四肢が冷えているもんで、ヒーター付はありがたい。
冷え=血流が悪いんで、リンパの流れを意識しながらやっとります。
そうすると少しの間調子いいです。

あと、電位治療器のイオネスってのを使ってます。
布団用のホットカーペットのような。
私は貧乏なので、ハーフにしました。
これを寝るときはつけっぱなしにしとります。
日中でも足が冷えてきたと思う時は、駆け込み寺のようにこれを使います。
これも調子がよくなります。




さて、身体の進行具合について。

まず、痙攣が大きくなりました。
ボコッというか、ドクンッというか。
日中も普通にあり、夜はこれで起こされてしまうほど。
以前は脚だけだったのに、今や腕、背中もレギュラーに。

今月から痙攣を抑えるための漢方がプラスされました。
ツムラ芍薬甘草湯エキス顆粒なるもの。
先生は私が粉薬が苦手なのを覚えてくれていて、申し訳なさそうに出してくれました。
いや、こちらこそ、申し訳ない。

あ、薬をプラスといっても、他のはバセドウ関係の薬ばかりです。
そちらの方は数値が安定。
治ることはまずありませんが、鎮静化はしそうです。

脚が肉離れちょい手前みたいな状態で常にいます。
鶏手羽かなんかで「ここに親指を入れると肉と骨がきれいに分かれます」的なのを
自分の脚でそのポイントが分かります。

足裏の感覚がジリジリしてるのは変わらず、
それに船底のような、アイススケート靴のようなバランスの悪さを感じます。

歩くのがよりしんどくなりました。足&脚。
これが先にはよりよりしんどくなり、その先にはよりよりよりしんどくなりで、
ただでさえ日本語ボキャが少ないのに、言葉が早めに枯渇しそうです。

筋肉が無くなってきてるのが触ってわかるようになりました。
まだ見た目にはわからないかも。

完全にお箸がダメな日がありました。
指は小さく震えるのは常々ですが、その日は波打つように指が動き、怖かった。。。
そこまでなのは、まだ一回しかないです。

ここ最近の進行の速さに、怖い日々です。
[PR]
by farmony | 2012-07-02 23:26 | 身体のコト