インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

3月のドタバタバタリ

3月はたくさんありました。
4月、これからに向けてのたくさん、です。

以前、障害者に関する情報が無さすぎの不安を、実力行使で払拭する為に、やみくもに「福祉」や「障害」と名のつく公らしき施設に連絡しまくった時に出会った障害者福祉センターさん。

そのセンターさんの計らいで、県内のCMTerさんと会えました。感謝。
彼女は15年前発症で現在60代、車椅子や週一のヘルパーさん、お風呂を利用しながらも、一人暮らしで自炊を含む家事全般もされているそう。
旅行やイベントごとにも積極的に参加されていて、明るくて前向きな方でした。
人によって症状の出方や進行は違っているとは分かっていても、先輩のそんなお話を直接伺って、私もボヤッとしてられない!!という思いと、自立生活ができる安心とを頂きました。

ここまで話を運んで下さったセンターのスタッフさんにも感謝いっぱいです。
人が幸せに暮らすためのサポートができる、この仕事で働けたらいいなぁとも思いもしましたが、実際は知識・行動力・配慮…なんて、人間性が高い人だからこそできる仕事とも痛感。
いい年齢してその辺に自信無し。

話は前後しますが、前述のやみくも作戦で出会った難病連のイベントにも参加してきました。
その日は膠原病・リウマチに焦点を当てていたので直接の自分事ではないものの、CMTに至るまでにそれを疑われたり、また、福祉住環境の勉強で内容に踏み込んだら暮らし方で重なるものやヒントとなるものが多く、興味深く思っていたので良い機会でした。

福祉用具の紹介もあったのですが、よく楽天なんかで普通に見る便利グッズが並んでおり、福祉用具と一般用具に壁が無いのは嬉しいなぁと思いました。
そうそう、壁=バリアだから、道具による意識のバリアフリーですな。
障害者向けに特別に作られたものも嬉し、一般と同じものも嬉し、です。

4月から引っ越す事になりました。
職能校で勉強し直します。
資格3つ目指します。
寮に入ります。
緊張してます。
[PR]
by farmony | 2013-04-02 10:38