インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

先日、ジャニーズ好きの友人に会い…

偶然、ばったりと彼女とあった。

彼女は元同じクワイヤに居たんだけど、今は綾戸智絵さんのクワイヤにいる。
プロ意識が高くやみくもにオープンな活動をしないので、生ライヴを観たのは何年前になるのだろう。
その頃より人数がぐんと増え、100人位になっているそうだ。うらやましい。

ベースの西嶋徹さんがツアーサポメンなので、「クワイヤに入ったら話ができるか」と聞くも、「お客さんの方がもっとチャンスがある」と。
はい、客でいます。

色々な雑談の中で彼女がジャニーズ好きなのを思い出し、「来年、またデビューするって?」と聞く。なけなしの情報だ。これ以上広がらない。
そしたら乗ってくれて「ヤーヤーヤーはまだ若いからABCか○○かが有力なんじゃない。」と。
うーん、わからん。文字もあやふや。
でも、目を輝かして話をしてくれるので嬉しい。

KAT-TUNの赤西くんの留学についても、「引退するかとハラハラしていたが、とりあえずそうじゃないから良かった。」と。
「ファンは皆悲しがっているんだろうな」と勝手に思っていたから、こんな風に思う人も居るのを知り安心した。

彼女と会うたびに目からポロポロ鱗が落ちる。
知らない情報を知るのもそうだし、それについての考え方も勉強になる。

私はまた、周りの人によって成長させてもらうのだった。
[PR]
by farmony | 2006-10-24 18:47