インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

紙の壁

昨日の今日。
こんな状況ではまた昨日みたいなのになってしまう、と眉間にシワを寄せていたところ、牧師の先生が言った。

「君には高い壁が見えているかもしれない。でもそれは紙の壁だから、指にツバをつけて穴を開けちゃえばいい。」

嗚呼、なんて素晴らしい言葉。
目からウロコが落ちて、肩も軽くなったよぉ。

式は滞りなく無事に済みました。
スポーツの後のような心地よい疲労感に包まれております。

因みにこの先生はイギリス出身。
流暢な日本語で話してくれるから全然英語の勉強になりません(笑)
[PR]
by farmony | 2006-11-19 18:06