インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

でーく

e0096315_148813.jpg第九の一日目。

・・・聞かないでおくれ。
と言いつつも言わずにはいられない。

この時期、特に今日なんか日本のあちらこちらで第九は歌われているだろうが、世の中にこんな第九があったのかとびっくりする。
そしてこれに私が参加していたのもショックだ。

すごく走りまくってた。
ズレてもいた。
指揮も修正しようと合唱に必死にサインを送るが、暴走は止められない。
加えて、ソリストもプロで活躍している人なのに、全然違うメロディーを歌ってた。
…て、第九にアドリブってあるのか??
まぁ変ではなかったと思うし途中で本線に戻ったので、狙ってたのかも?う、うーん。

緊張してたら仕方ないか。
と、せめても思う事にしよう。
小学校の時にクラスで演奏した「ヘイジュード」。
たて笛やオルガン、皆、指が追いつかなくなるくらい早くなって、指揮の先生に「お願いだから止めてくれ!」と必死に目で訴えたさ。
今では笑える思い出だから、これもそうなるのかも。

帰りに第九常連の先輩と話したが、「なんだか残念な出来やったね。」と。
モヤモヤ感がすごく残るので、せめて明日は歌いきりたい。
やるぜぃ!
[PR]
by farmony | 2006-12-24 01:24