インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

長いぞ、と前置き。なにせ結婚式+5時間だから。

たぶん大安吉日で結婚式多し。(裏とらず)
相方が休みなので私がMC担当。
心臓バークバクバク、大和田獏です。

牧師さんは今日がデビュー。
日本語のヒアリングが出来る方なので、全部日本語で説明してしまいました。
余裕が無かったので許してね。

そしてコーラスには本日2回目のMちゃん。
私と歌を合わすのは初めてでございます。
前に飲み会で話したり、私のライヴに来て下さった方です。
顔の記憶があり名前も知っていたので、過去に一緒に歌った事があると思ってたが勘違いでした。

で、オリジナルメンバーの天才ピアニストと。

今日は混み混みでして、時間も部屋も詰まっている。
チャペルの隣の部屋では結納が行われてて、「リハはなるだけ音を小さく」と言われる。
私らのキリスト教式が終わるとすぐ同じチャペルで人前式を行うという。

音合わせ。
初めて合わすというのに、本番通りの音を出せないのはちょっと不安です。
でもうんうん、良い感じの声質の方やね。
形でいうと、細かくヒダの入った筒状で、曲線で構成されたハート型。
例えたら余計に伝わりづらくなっちゃいました。
私の割と近くにある引出しから、合わせる声を持って来れるのが分かり、一安心。
何年付き合っても、どうしても合わせられない声の人もいるからね。
ただ、本番は声を張って今とは変わるから、まだまだ不安はある。

リハ。
いつもは相方と私と二人で進行するのだが、今日は私一人。
あちこちにスタッフが出払ってて式場のサポートは無し。
ううう、ちゃんと言えるかなぁ?
落ち着けー、私。
ふ、新郎新婦さんの方が落ち着いてたわ。
滞りなくリハ終了。

リハから本番までは大きな音を出す事も出来ず、ハミングというより鼻歌で音を確認しあう。
私ね、こういう人好きなのよ。
時間を見つけては、本番にプロフェッショナルを発揮する為に練習を重ねる人。
出来るからどうでもいいや~フフン、みたいな方は苦手です、ハイ。

はい本番。
10分程押しでスタート。
入場の曲で初めてフルボリュームで合わす。
お、これは気持ちいいわ。
重なった音も良い感じ。
音の種類が幾つか含まってて、数人で歌っているような厚い音になっていた。
人によっては棒状になりやすい歌なのに、ちゃんとリズムと抑揚をとってくれてて、深みのある音に出来たと思う。

式もスムーズに進み無事に済みました。
新郎新婦とお客様をお見送りし、息つくヒマもなく人前式の準備。
撤収!

こんなおバカな私とデビューの牧師さんと2回目のMちゃんと(ピアニストSちゃんと)、混み混みな状況と。
やるじゃーーーん!
かなり良いぞ。
今日の状況でコレだけの成果だったら、この組み合わせは更に育つんじゃないかい。
こんな出会いは宝物♪

私語を殆ど出来なかったのでそのままランチへ。
最近美味しいものに飢えてて、悩みに悩んだセットメニュー。
うんまかったぁぁぁ。
"音楽幸せ"の余韻が残ったままの食事だったので、元々美味しいのにさらに倍でドン!
とろけておりました。

お店に入ったのが12時くらい。
そこから怒涛のトークセッションが始まるのでした。

私のライブに来てくださってたので、私の歌は聴いた事があるそう。
そん時の私はガッツリ・ソウルに歌ってたので、今日もそれでいくのかと案じてたみたい。
脅かしてすみませぬ。

彼女はブログをやってるという話を聞き、ん?と思い「もしかしてジャズもやってる?」と聞くと、「やっている」と。
知ってるぞぅ!見た事あるぞぅ!!
前にゴスペル関係のブログをウロウロしてた時に読んだよぅ。
まさかこんな出会い方をするとは、びっくり。

あと、穴場喫茶や引越履歴、ご主人のサックス話等興味津々な話を聞き、私も音楽ジャンキーな話をダラダラし、ホウホウしまくりの気付けば5時。
長居してしまった。
お店の方すみません&ありがとう。

今も余韻が残ってます。
幸せ♪
[PR]
by farmony | 2007-02-11 21:06