インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

私の青春G-CLEF!

しまった、規模の大きなタイトルになってしまった。
しかし何てことない。
今の職場でもBGM選出係を獲得致しまして、インストCD達を聴き返してたのでございます。

「ハッホイハッホイ」なんて聴こうものなら、学生時代これでビクッ!として目覚めた事を思い出すのでございます。
勿論これはBGMには使いかねます。
「くっくっくものうえっ」も使えません。

「HABANA」や「LOAD on RISE」の落合徹也さん作曲でベースが効いてるのがツボやったりします。
柏木広樹さんの優しい曲にホッとしつつ、愛兎の想い出を綴った「メモリー・オブ・ノンチャ」は今でもクーーッとなります。
新しくアルバムを初めて聴くとき「この曲好き」と一耳ボレするのはたいてい渡辺剛さんの曲。
榊原大さんはダイナミックなのから繊細なのまで、同一人物が描いていると思えないほどの世界の広さに感嘆。

G-CLEFに逢えて良かった!

で、今現在の作業はというと、持ってる限りのインストCDをPCに入れてからBGM選抜をし、CDコピーしよっかなっと。
HDDの容量足りるのか?
そして全部納めたところで、私はこれらをたった5枚のCDにまとめられる決断力と根気はあるのか?
次回この続き談があれば、挫折したって事だ。
[PR]
by farmony | 2007-02-23 21:19