インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

寄り道のススメ。

終業の時間になり、なんだかわからんけど疲れていた。
少し気持ちを整えて帰ろうと思った。
で、寄り道。
でもヘンにお店に入っちゃうと買い物が過ぎてしまい危険。
で、喫茶店。

会社帰りの時間だと夕食の時間になり、喫茶のみのお店を捜すのは難しい。
あんまりワヤワヤしている所は逆に疲れを貰ってしまうので、知る人ぞ知るみたいなのを求む。
病院に併設してるドトールはいい感じぞよ。
通路幅広いしスタッフは優しいし。

今日いってきたのは、前にMちゃんから教えてもらった本日2回目の訪問。
普通の家の1階を喫茶店にして、アーティークの時計や家具がミシッと詰まった所。
玄関で靴を脱いでスリッパに履き替える。
例によって貸切状態。

「こんにちは~、ハーブティーお願いします。」
いつもの席(といっても2回目)に座る。
アーティークの椅子はスプリングが弱く思いのほか沈む。(たんに古いだけか?)
そこが気に入っている理由は大好きなベタさん(魚)を眺めるため。
ビンの中を泳ぐのをひたすら覗く。
たまに目が合い見つめ合う。
向こうが飽きるとソッポを向かれてしまう。

そうやって右往左往してるうちにハーブティーを置いてくれる。
熱すぎてまだ飲めないので、またベタさんを見つめてると、
「サービスです。」
と手作りのケーキを置いてくれた。
嬉しい。幸せ♪
無料ほど怖いものはないと世間はいうが、私はその怖さ知らず。
そして、その人をこの世の中で最も素晴らしい人のように思ってしまう。
そんな簡単な人間でございます。
ハーブティー(たぶんカモミール)を堪能しつつ、ケーキを堪能しつつ、ほっこり。

音楽は?ってぇと、残念ながら好み外。
インストはインストやけど♪ビヨーービヨーーーーとシンセが鳴ってて、ビミョーーーー。
ノイズ交じりのレコードなんぞかけて頂いたら良いかと思われます。
それ以上に時計達の秒針の音が激しく重なり、きっとここは音楽を聴くというよりも時計の音を楽しむ所なのね。

「おいしかったです~。ごちそう様です。」
すっかり身体はリセットされた。
ここももちろん、喫茶発掘の旅は続く。
[PR]
by farmony | 2007-03-02 22:07