インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

重いスペイン

スペイン、マイ・フェイヴァリット・シングス、リベル・タンゴを歌いたい。

え?はぁ、歌えばいいじゃん。

それぞれに思い入れがある。
この話題、小出しにすれば良かったと思うぐらい、最近の私の3本柱なのさ。

スペインは大きなアレンジはいらないけど、ストリングスさんとやりたい。

歌詞を探し中で見つけたのが試聴。前言とは関係性無し。
Spain Michel Camilo/Tomatito
重い…。何故だ。
これは好みではないし、あまり評価を高く感じるものではないが、印象に残った。

マイ・フェイヴァリット・シングスは、アレンジがほぼ固まっている。
これはピアノとドラムで、速いテンポ細かいリズムで前ノメリに歌う。
そうや、京都へ行こ。

リベル・タンゴは歌詞を見つけたが、その方のアレンジはあまり好みでない。
誰やったかな?とりあえず、80年代ソウルだったような気がする。
以前に調べたけど忘れちゃった。
でも、邦表記が「リバー・タンゴ」やって、頂き♪と思いました。
私はこの曲をリバー・タンゴと呼んでます。
[PR]
by farmony | 2007-04-24 00:44