インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

カテゴリ:未分類( 614 )

4月に引っ越して、修理に出してたPCも手元に届き、今日からネット環境となり、ブログ再開。

まあ、この間にもりだくさんな色々がございまして。

ひとまず、あしからず。
[PR]
by farmony | 2013-05-19 20:11
引越に伴い、ヘンスケをやめる事にしました。
苦渋の決断です。
両立の方法をめっちゃ模索しました。
県外から気軽にちょこちょこ帰ってくる友達もいて、私もそうしようと思ってました。
時間と費用と体力。
好きだけではどうにもできず。
[PR]
by farmony | 2013-04-02 16:58

3月のドタバタバタリ

3月はたくさんありました。
4月、これからに向けてのたくさん、です。

以前、障害者に関する情報が無さすぎの不安を、実力行使で払拭する為に、やみくもに「福祉」や「障害」と名のつく公らしき施設に連絡しまくった時に出会った障害者福祉センターさん。

そのセンターさんの計らいで、県内のCMTerさんと会えました。感謝。
彼女は15年前発症で現在60代、車椅子や週一のヘルパーさん、お風呂を利用しながらも、一人暮らしで自炊を含む家事全般もされているそう。
旅行やイベントごとにも積極的に参加されていて、明るくて前向きな方でした。
人によって症状の出方や進行は違っているとは分かっていても、先輩のそんなお話を直接伺って、私もボヤッとしてられない!!という思いと、自立生活ができる安心とを頂きました。

ここまで話を運んで下さったセンターのスタッフさんにも感謝いっぱいです。
人が幸せに暮らすためのサポートができる、この仕事で働けたらいいなぁとも思いもしましたが、実際は知識・行動力・配慮…なんて、人間性が高い人だからこそできる仕事とも痛感。
いい年齢してその辺に自信無し。

話は前後しますが、前述のやみくも作戦で出会った難病連のイベントにも参加してきました。
その日は膠原病・リウマチに焦点を当てていたので直接の自分事ではないものの、CMTに至るまでにそれを疑われたり、また、福祉住環境の勉強で内容に踏み込んだら暮らし方で重なるものやヒントとなるものが多く、興味深く思っていたので良い機会でした。

福祉用具の紹介もあったのですが、よく楽天なんかで普通に見る便利グッズが並んでおり、福祉用具と一般用具に壁が無いのは嬉しいなぁと思いました。
そうそう、壁=バリアだから、道具による意識のバリアフリーですな。
障害者向けに特別に作られたものも嬉し、一般と同じものも嬉し、です。

4月から引っ越す事になりました。
職能校で勉強し直します。
資格3つ目指します。
寮に入ります。
緊張してます。
[PR]
by farmony | 2013-04-02 10:38

レ・ミゼラブル

やっと観た。

去年の公開予定の発見から、ずっと観たい!観なければ!と思ってたんだけど、映画館に一人で行くのは苦手で、かといってミュージカルだから、面白くない人にはとことん面白くないんだろうなぁと、人を誘えずにもんもんとしてた。

でもこれだけは映画館でないと!!!!!!

ミュージカル歌手は皆S字に手を組んで歌うと、ステレオタイプに思っている母を誘って、映画には休憩時間ないよ。一本立てだよ。暗くなるよ。話はできないよ。全員外国人だよ。字幕だよ。ミュージカルだよ。歌うよ。と、うっとうしいほどの喚起を促し、いざ。

ストーリーにはもうネタバレは無いんだわね。
思いついたまま、ワーとかキャーとかいう感想。

のっけから終了後の話。
「何で皆、スタンディングオベーションしないの?」て位、素晴らしかった。
ま、ポツンと妙なテンションで目立つのも恥ずかしいので、私も立てなかったけどね。えへ

全編、歌。
会話して、唐突に歌って、会話して、ではなく、ずーっと歌。
私もステレオタイプだわ(苦笑
組曲のようでもあるけれど、曲後の少し我に返るような間は無く、
物語は流れ続けて、観ている気持ちも繋がったまま、長ーい長ーい一曲の様。



フォンテーヌ(アン・ハサウェイ)の「夢破れて」が、たまらなくすごかった。
顔アップは映画ならでは。
心臓をぐっと握って訴えられている、の錯覚に陥る。
あぁ、無情。

そしてエポニーヌ(サマンサ・バークス)よ。「オン・マイ・オウン」よ。
雨の中で歌う姿、なんて狂おしくて切ない姿だろう。
切なすぎて、コゼットとマリウスの一目ぼれなんて、チャンチャラ茶番だわ。
あぁ、無情。



この二人に嵌ってしまったけど、このレミゼは出演者全員が秀抜、完璧。

スクリーンに映る歌い顔に自分も憑りつかれてみたり(…たぶん、歌ってはないと思うけど…)、
リズムに乗っていたり、泣きどころでは例に漏れず号泣してみたり。

観る前から当然サントラを買うつもりだったけど、これはDVDやね。
英字幕で教則にしたい。
てか、もう一回映画館で観たいと思う。
素晴らしかった。
[PR]
by farmony | 2013-03-17 22:31

Dancer in the Dark

ダンサー・イン・ザ・ダークを観た。
今頃か、と言うなかれ。
今頃なのだ。
e0096315_9453450.jpg
小中学生あたりに既に観たとずっと勘違いしていた。
世の反響にに対し、こんなに印象に残らないのはヤバイな。ま、子供だったし難しすぎたのかー?
と、おさらいがてら"再度"観ることにした

どうも、初めまして。えへ。

そんなのはさておき。
レビューもさておき。

映画ではセルマの脳内(=ミュージカルタイム)が全面に出てるけど、
その間、現実も物理的には分かっている。夢見ているわけではない。
心の重心をそっち側に置いているだけ。

ミュージカルタイムは元々、好き過ぎてつい始まってしまった。
つまりそれ先行であったのに、
終盤に近づくごとに、現実を真正面から受け取らないための手段となってしまった。

と、投影して観ていた。

ループされる音からトリップする事は、私も多少なりともあり。
階段を下りる時、ハッチング線を引く作業、車のワイパー、モーターに何かが引っかかる音etc
既存の曲アレンジやオリジナル鼻歌、パーカッションセッションが乗って。
そこから何かしらの設定や映像が浮かんできて…て、いかんいかん。

誰か一緒にいる時にふと"照れニガ"のような笑い方をしたら、トリップしかけて戻ってきたと思って正解である。
[PR]
by farmony | 2013-03-15 22:12

2012年12月の。

今年もありがとうございました。

まぁ、今年も波乱万丈でした。

しんどいこともあったけど、
CMTと出会ってから、少しだけ楽しい方に動き出した、動く力をもらった感じ。
トータルで良かった年でした。


年末なので折りたたんでみる。なんで?なんとなく。


2012年12月の。
[PR]
by farmony | 2013-03-03 04:34
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も「色々と」よろしくお願いします。

年始にも旅行に行ったりと、にゅるっと過ごしておりました。
ツアーは今度こそダメか?と自問しつつ、
ま、一人旅は(国内に関しては)今後もできるだろうとくくっているもんで、そんなにもあせらず。

初日の出時間に起きていたにもかかわらず、観そびれる。
いつもの事さ。

さてさて、ちょっといい事がありまして、
福祉住環境コーディネーター2、3級試験の合格通知が今日届きました。
イエイッ♪

先述してましたが、生年月日のマークシートを塗った記憶が無く、
答え合わせしたところで…な思いで、試験後は全くの放置。祈るだけでした。

良かった、マークシート塗ってたみたい。
点数も「やるじゃーん」位とれてて、満足満足。

幸先が宜しい。

今年はアクティブに動きたいと思ってます。
それと同時に安定を目指したいとも思ってます。

心穏やかに過ごせること。
目標、そして願いです。
[PR]
by farmony | 2013-01-10 18:35
矢野顕子さんより。

本当は歌詞をかくのが苦手って所からきた彼女の言葉だけど、名言。
[PR]
by farmony | 2012-12-08 23:00

Esperanza Spalding



静止画が悔しすぎる。
ウッベ&エレベを弾きながら表情豊かに歌う姿が、めちゃくちゃかっこよくてcute。

AyvaMusica Esperanza Spalding
[PR]
by farmony | 2012-12-06 23:53

An Evening with AKI YASHIRO

ツタヤで聴いて、ヒト耳惚れ。



「枯葉」も良かった。

夜のアルバム SONGS AROUND MIDNIGHT / 八代亜紀
[PR]
by farmony | 2012-12-04 18:19