インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

カテゴリ:未分類( 614 )

e0096315_14454913.jpg昨日届きまして、早速UPです。
珍しくお仕事が早い私。
何事もこうありたいと思います。ハイ。

※ちょっぴり未発表情報を載せます。
特にサプライズ感のある情報ではないけど、
音源を聴くまでは知りたくないという方は、
これにてドロン!プリーズ。

GOLDEN☆BEST G-クレフ~Golden Balls
試聴はコチラ

1. プロローグ (メドレー) ※1
:ます/チゴイネルワイゼン/PELICAN/アンダルーサ/ジターノⅡ/愛のよろこび(クライズラー&カンパニー※2)/(NOT GUILTY - LIBRA-※3)/ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー/ロンサム・チャキチャキ/'50's・セッション/PLASTIC VILLAGE~雲の下~-CAPRICORN-/12-ARIES-/H・O・Y-TAURUS-
2. 一揆
3. アンデスに告白
4. CSARDAS -TV SIZE ※1
5. CANTINA BAND
6. MEMORY OF NONCHA
7. DANDY BEAR
8. BRASS MAN
9. Dr.Pause
10. 花咲く乙女のフラミンゴ-VIRGO-
11. A MARBLE GARDEN (Kingdom Passing at Midnight) -TV SIZE ※1
12. 男の哀愁
13. INNOCENT MAN’S CALLING IN RAIN DAY
14. こちら決して落選ではありません (メドレー) ※1
:五右衛門/Hello!陸王/新・初・恋/ヘチマの皮/90番目の夜/宝島/マーブル・ガーデン(午前0時のキングダム・パッシング)/"WHERE PAGE"-AQUARIUS-/GREEN SONG/HABANA/KATHY/KNUCKLE/Chicken Wing/StrawberrySunday/Olive
15. 422 MEGA
16. MATERNITY WOMAN
17. CARAVAN (未発表音源) ※4
18. いまいまの酒 -TV SIZE ※1
19. 笹うどん -Version丙 (未発表音源) ※5
20. WE ARE G-CLEF
21. “夏の嵐”のテーマ
22. Silent Siren -TV SIZE ※1

※1 メドレーとTV SIZEとされたものは、楽曲の極々一部。
特にチャルダッシュはグロ注意。(この曲にこんな注釈をつけるのは、これだけだろうな)
※2 当時も今も切れない関係のクライズラー。だからといって人んちの曲を入れるかね(笑)
※3 ブックレットには記載されてませんが、「NOT GUILTY - LIBRA-」が入っております。
※4 これが「g」に入ってたとしたら異色だったと思う。G-CLEFとして聴いても違和感。でもそういう眼鏡を外して聴いたら「Caravan」の心地良い演奏の一つに入る。
※5 「空こん」がジットリした(失礼)イメージだっただけに、こんなポップな「笹うどん」あったのね!って感じ。旅のサーカス風?

そしてブックレットに「俺様」から一言コメントを頂いております。

母体がG-CLEFながら、メンバー変わり曲調も変わりが目まぐるしかった彼ら。
それが彼らの魅力の一つというのは、ファンなら心得ているかと。
だから…ベストアルバムとはいえ統一感が無さすぎ!!(笑)
さらにSEのような短い曲が散りばめられ、まぁ、小忙しい。
らしいなぁ♪
[PR]
by farmony | 2012-11-02 00:18
これは任意の曲のコードを検出して、コード譜にしてくれるらしい。



ただ…、
アンドロイド、持ってないす。
ギター、持ってないす。

AnySong Chord Recognition
[PR]
by farmony | 2012-10-28 23:05

ヘビロテ Folk Tale

あれからずーっと歌っております。



平井さんがかっこいいのは当然、大さんがかっこいいのも当然、NAOTOさんも当然かっこいい。
でもFolk Taleは、村上さんがダントツかっこええ!!
[PR]
by farmony | 2012-10-24 18:57
続き。
ライヴ会場で買ったDVD。
e0096315_2394068.jpg
光が写りこんじゃってますが、「平井景プレミアム IN CONCERT」と、
左側のサイン♪が入ってる方はブルーレイ、の2枚を買いました。

*************************************************
Live Around The Mountain Side
平井景スペシャル Kay Hirai Dai Sakakibara Kiyoshi Murakami

小淵沢 2012.9.14 pension 月下草舎
 Art of Solo Drumming #1
 Love Me Tender
 Tool Box
安曇野 2012.9.15 アートカフェ清雅
 April
 山月伝 #1
 Seacret Avenue
 暁
 憧憬
松本 2012.9.16 あがたの森 旧松本高等学校講堂ホール
 Art of Solo Drumming #2
 Folk Tale
 山月伝 #2
 Anytime
 月の虹
 Old Clock Tower
*************************************************
中についてはそのうち。
どうも平井さんの作曲するメロディーは、好みのど真ん中のようです。

2012.11.1発売予定なのに、先行発売されておりました。
9月のLIVEがもうDVDになってるなんて。
そりゃ買うでしょ。

で、タイトル。分かりません(笑)
まだamazonどころか、自身のHPにも出て無いんですもの。
なので正式名称分からず。
DVDには「Live Around The Mountain Side」とある。
これが有力なんでとりあえず。
でもリーフレットにはそれらしき文字が見当たらない。

で、一番の面倒なポイント。プラスリーブが無いんですわ!!

e0096315_3152096.jpgサイン保存が既に危ぶまれる。帯は既にあきらめてる。
どうしてIN CONCERTの方に書いてもらわなかったんだー!!
えと、メンバーが同じだし、新しいし…。
後々の危険性を察知できなかった私が悪かった。



e0096315_3155818.jpgこれがこう!! (バカリズム風に)
変なところが折れぬよう、そして破れぬよう恐る恐る開く。
はめ込みになっている、一番目が厳しい。




e0096315_3162180.jpgこんな風になって入っております。
ちゃんとDVDを留めるポッチがついております。





e0096315_3175872.jpgババーン! 全開きするとこんな感じ。
ポスターみたいにきれいな写真。
「あがたの森」にある旧制高校だそうです。
MCで聞いた、窓の外の景色が幸せに思えて、一度行ってみたいと思った。



復元もまた難し。
スリーブを買ってこなければ、オチオチDVDも見えやしねえ(笑)
そして背表紙もないからDVDラックに片づけるとバランス悪し。

これね、一枚一枚手作業で原さん(@スタジオミミズク)が折ってて、しかも進行形。
折り次第その分を会場に送るという、なんとも切ない話。
でも、やりたかったんだねー。うんうん。
お気持ちは自分事のようによく分かります。

まずは折りたたみ方を公式HPに掲載して頂きたいと切に願います。
[PR]
by farmony | 2012-10-24 00:30
そうだ、神戸へ行こう!!
ふとそんな事を思ったのが18日。
それからワタワタッと準備をし、行ってきました。

平井景スペシャル -To The West,2012-
10月19日(金)
神戸元町 ヤマハミュージック大阪(神戸店)
平井景(Drums) 、榊原大(Piano)、 村上聖(Bass)

3階のミュージックサロンはサイズ感が良かった。
演者間の距離感がいいと村上さんも言ってたけど、なんとなくそれ分かります。
そして、客席との距離感も良かった。

ちなみに私は前から2列目。
絶妙に大さんが見えない角度になってしまった反面、村上さんは真正面ですっぽり見える、
これまたありがたい位置でございました。
席運はいつもいい♪

トリオ編成だからか、サロンの設計がいいのか、はたまたYAMAHA様の恩恵からか、
それぞれの音が際立っていたように感じた。
特にピアノの余韻音がかなり印象的でした。

主にSORAと新しいDVDに収録された曲で構成されたライヴ。
お値段以上のセトリは、いつものごとく検索して千代。

NAOTOさん不在分、メロディーはピアノでした。
大忙し♪

平井さんが物語や風景に乗って創った曲はどれも不思議。
そっからこうなる?的な曲は、初めて聴いたのもあっという間にひき込まれてった。
それが大さんから奏でられているのもまた不思議だった。

村上さんは変わらず、ほっこりからワル~イ感じまで♪
YAMAHAの教本を書いてらっしゃるそうで、
「サンデーフライト」なる曲に込めた、ベース活躍作戦よ!!!!聴いてみたいな。

今回はコンパクトサイズのライヴを目指したそうですが、
その分MCが多めで、結局予定よりも30分長くなってました(笑)

で、会場でDVDを2枚かったのですが、ちとボリュームが大きめになっちゃったので、また次回。
これがまた大変なんです。
原さんの仕業(笑)
続く…
[PR]
by farmony | 2012-10-22 18:00
e0096315_20455147.jpgなんてこったい!ベスト盤がまた発売されるぞ!!
この間のベスト(「オーガニック・スタイル G-クレフ the BEST」2007.06.20)とは違う。
プレイヤーであり、メロディーメーカーであり、アレンジャーでもある彼らが、素直にアルバムを作るわけないわね。
今更、未発表音源を入れるなんてどういうつもりよ。
他にアルバムタイトルやらビジュアルにも文句をつけたいが、
でも思わぬ出来事に小躍りしている。

GOLDEN☆BEST G-クレフ~Golden Balls
[PR]
by farmony | 2012-10-17 00:33
何年越しで探してたか。やっと見つけた。

Heut' abend


7時♪ 8時♪ が印象的過ぎて、当然日本語の曲だろうと捜してたから。
まさか、ドイツ語とは。
まさか、日本未発売だったとは。

8時♪
[PR]
by farmony | 2012-10-14 22:49

コトダマ

私はたぶん言霊を信じる方だと思う。
…の割には悪態つきまくりだが。(汗
自分の発する言葉は、未だ感情がの大波が飲み込んでいく。
そんなの痛感してるから、他の人の言葉にも
本位の言葉かその場の雰囲気かなんて瞬時に見てしまって、一喜一憂する。
正確には「憂」は「喜」よりドーンと多め。


  ****************************

    もし コトダマがあるのならば
    無責任な「頑張れ!」だって 愛の言葉。

  ****************************


色んな事考えてて、ふと思った。
前にも言ったけどね、なんでもかんでも「頑張らなくてもいいよ」じゃあなくて
e0096315_1284489.gif「頑張れ」だって必要なこともある。

最近の口ぐせは「大丈夫」だった。自分にもヒトにも。
無意識に。
改めて、良しとする。

昔「感謝」が口ぐせだった時、それを茶化されたのを引きずってて、使いそうになった時に躊躇してしまってたけど、
これも解禁。良しとする。


ちなみにメロディーもつけてみた。
こんなののストックが多数あるが、いかんせん一節ばかりで一曲にならない。
浮かんだ時のインパクトが強すぎて、他が付け足しみたいになっちゃうのね。
[PR]
by farmony | 2012-10-12 01:32

Cry Me A River

久しぶりの雨でした。
でも前の台風発信の雨でなくて、しっぽり秋の雨。

毎年我が家に通ってくれてたヤマガラ(通称:ギーちゃん)が、今朝はよく鳴いてるから、
またひまわりの種を置いたら来てくれるかな、と思ってた所。



Julie London やっぱりえいよね。
今更ながらCD買ってしまおうか。
と、もう何年も悩んでいる。
[PR]
by farmony | 2012-10-10 20:04
gyaoでオープンになってたので、早速ホイホイに引っかかってみる。

由紀さおり&ピンク・マルティーニ 「夜明けのスキャット」(ライブ ショート ver.)

耳コピだと文字にしにくい音がいっぱいだわね。

マシュ・ケ・ナダ


ブルー・ライト・ヨコハマ

[PR]
by farmony | 2012-10-08 19:06