インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

<   2006年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

流石N響

N響の第九がやはり素晴らしかった。
私の体内メトロノームからすると、ちと速いかと思ったらゆーっくりなって、スピードの起伏が激しくて面白い。
指揮者の方が繊細かつ大胆なのですね。

ソリストさんはバリトンが良かでした。
顔と声質が繋がらない。

合唱は国立音大。こちらも素晴らしい。
歌い顔が気持ちいい!
全員やる気がある。←当たり前田吟。
あと、♪イール シュトゥルトゥ…がドンピシャでグッときた。
ここでバラバラによくなるので聴く方もハラハラする。
♪ヴェルツ!も立体的でワンダホー。
泣けたよぉ。ブラボーだよ。
年が越せるよぉ。

さぁ、紅白、紅白。
[PR]
by farmony | 2006-12-31 20:49

一万人の!

佐渡裕さんの第九をテレビで観ました。
毎年ここに参加してみたいと思うんですが、夢叶わず。
あの迫力感じてみたいな。
一万人ですぜ、一万人。
奥さん、こりゃあ、やらない手はないでしょう。
[PR]
by farmony | 2006-12-29 14:18

のだめ編集中

正月のビデオ録画に向けて、HDD→DVDに移動させております。
初期の頃の「のだめ」はCGをふんだんに使ってて、真澄ちゃんはチリチリアフロでした。

今、地デジが映らなくて不便。
で、修理をしてもらおうと保証書を探すが行方不明。
有料長期保証なのにぃ…。
[PR]
by farmony | 2006-12-28 14:08
CROSSOVER JAPAN’05のビデオをやっと観ました。

個人的には一番目の「NANIWA EXP with special guest村上てつや」が好きでした。
青柳誠さんにキュンですわ。
ピアノでなかったのが残念ではありますが、他の楽器からするとバランス的にそうなるのね。
アウチッ!シブヤらいぶ館、見逃してるー。ガクッ…
最新青柳さんは次の「森」?
村上さんもゴスペラさんの中で一番声が好みでして、ソロでも活躍して欲しいと願っているくらいなので、こういう場にどんどん出て欲しいです。
[PR]
by farmony | 2006-12-28 04:21

紅白

紅白の曲順決まりましたねぇ~♪

aikoさんとポルノグラフィティが並びましたが、ストリングスはどうなるんでしょう?
この2曲ともTVでストリングス入ってるの観た事ないんですが、紅白だけに参加しちゃうのでしょうか。
てか弦一徹ストリングスに関しては、aikoさんちじゃなくても可能性がある訳で。
でもやっぱり出てない可能性もある訳で。
苦悩。
[PR]
by farmony | 2006-12-27 17:26

ガクさんちの

NHK再放送「いま裸にしたい男たち」のGacktさんのを観てました。
マダガスカル行きたーい。
いえ、論点はそこではなくて。

YOUさんを時々気にしてテレビ観てるんだけど、最近Vn弾いてる姿をお見かけいたしません。
YOUさんのHPを見ると、何故か大根祭り。
何者だ?この方。

でももっと謎なのはGacktさん。
[PR]
by farmony | 2006-12-27 05:40

仕事おさめ

相変わらず「おさめ」の漢字が微妙。

明日大掃除して終わり。

今年も波乱万丈だった。

もうそろそろ落ち着きたい。

おバカも卒業したい。
[PR]
by farmony | 2006-12-26 23:17

メリークリスマス!

みかん食べながら何気にクリック。

吹きました。
[PR]
by farmony | 2006-12-25 15:45

正月にとっとこう。

e0096315_1152988.jpgREBECCA スペシャルライブがyahoo動画にて。

つい再生して5分程観てしまったが、今こんなん観てしまったら正月はDVD借りなきゃいけなくなるのでセーブ。

相変わらず(といっても当時映像)、NOKKOの独特の世界。
[PR]
by farmony | 2006-12-25 12:00

じんぐるべぇ

12月24日=クリスマスイブという感覚が無くなってた。
今日先輩に言われてハッとした。
そして今年もあと一週間って事にも気付いた。
トロくて時代についていけない。

第九の2日目。
第一楽章からステージ上の席について待たなければいけない。
どうやって時間を潰したか。

指揮者が面白い。
少々少なめの髪を振り乱し、フワッとなったらその都度貼り付け、またフワッとなった髪にタクトが当たって乱れ、それをまた貼り付けて。
忙しそうやったわ、髪のセットに。
顔は真っ赤で、歌声は聞こえる程大きな声で、汗は飛び散りまくるし、オーバーアクションでオーケストラに迫り、めっちゃエキサイティングしてました。
普段の私なら指揮者に協調なのだが、この人の面白さについていけず、笑いをこらえるのに必死だった。

ティンパニの人が合唱団の中でも噂される程の神経質さんで、何度も席を立ちスタッフに文句を言ってたようだ。
勿論流れを知ってるので、音を出す時は席に帰ってくる。
で、音を鳴らし終わるとまた席を立つ。
結局、何が気にかかっていたかは分からず、色々な妄想を楽しませてもらった。

ストリングスフェチとしましては、これだけの距離とスペースにわんさとストリングス様がいて、無条件ににやけます。
チェロリーダーは指の滑りが美しくて注目しがいがありました。
この方は「チェロの君」と呼ばれております。

後ろの席から・・・これは寝息?と思ってたらイビキが!!
こ、これはどうにかしてあげないと。
でもどうやって後ろの人に知らせるのか。
てかその隣の人、ひざを叩いてあげて。
そんな悩んでるうちに寝起きのエヅキが聞こえまして、起きた事を確認。

私の隣の人は待ち対策に楽譜にメモを細かくしてあって、内容を後で聞くと「年末にしなきゃいけないリスト」だそうだ。
計画を立ててたのね。

そんなこんなで割りと早めに第四楽章。
巻き舌で歌うのは暫くないかもって事で、いつもより多めに舌を回しております。
高音もかなりスムーズに出て調子は良かったと思う。

今年もこれで歌いおさめやね。
[PR]
by farmony | 2006-12-25 02:44