インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

一歩。

今日は前から気になっていた、ピアノ講師が経営する喫茶店に行ってまいりました。
平日の2時半と中途半端な時間に行ったので、店は私だけだった。

「こんにちは~。」と声をかけると、出てきたのは「ラ」あたりの声で話す明るいオーナーの女性。
「は~い。ゆっくりしてって下さいね~。」

貸切状態は逆に緊張する。
ピアノ教室のチラシを眺めつつ待つ。
紅茶を運んできたオーナーが、私の視線の先にそのチラシがあるのに気付き、
「ピアノに興味あるの?」と。
「ええ。実は私歌を歌ってて、でもボーカル一人って画にならないにですよね。」
「コード弾きはどう?」
「それが指1本で弾いても、歌が疎かになっちゃうんですよ~。」
「わかるぅ!私はその逆で、弾き歌いすると伴奏が下手になっちゃうの。」
いつのまにか友達のような感覚で喋ってた。

アドリブの話になって、初めのうちは譜面を書いて練習する。という話を聞いた。
アドリブはその時その場所で生まれるものと考えがちだが、今まで聞いたことも声に出したこともない言葉で話す事ができないように、気に入ったフレーズやいつものクセがアドリブで表現されると、そこまでは思っていた。
が、アドリブの譜面を書いて練習するなんて!
目からイクラでーす。
そんな事した事なかったから。
そうすべきなんかなぁ。
確かに安心ではありますが、ゾクゾク感が半減しそう。

音楽のいろんな話をして…、ふと気付くと紅茶は冷めていた。
はは、ありがちありがち。
お砂糖も底に残ってしまった。
お会計ん時にフリーピアニストの紹介を頼んで、充実した幸茶タイムでした。

その後、会社の人に紹介された初めて接骨院へいく。
本当は値段が魅力だったから。
でも、かなりじっくりやってくれて、話も面白い。(髪型も面白い。)
初診料600円で次回からは100いくらかでやってくれるそうだ。
因みにお年寄りは60円。
決まり。
お客さんにセミプロピアニストがいて、その方のチケットを予約してきた。
実りある1日だった。
[PR]
by farmony | 2007-02-28 18:48

小森さんゲット!

GWツアーの
小森啓資2days 『Session of Comorhythm~千秋楽~』
予約できました。

昨日大ちゃんブログを見てたら、コメントに「予約しました」とあって、
「なんで発売日前にぃ?」と謎めいておりました。(←日本語不適合表現)
どうもRAGメンバーさんらしいですね。

一般人には廻ってこないんかなぁと、半ばあきらめつつTEL。
リダイヤル
リダイヤル
リダイヤル…
思いの他5分弱で繋がり、予約することができた。

「どのあたりの席が希望ですか?」
実はどこでもいい。
みんな観たい。
誰か一人なんて選べない。
なんて苦悩の前に、そんな選べられる状態と思ってなかったので考えておらず、
「あ、あ、えーと、ピアノ側で・・・。」

今考えると、ピアノのフタで他の方々が見えなくなるって事はないだろうか。
そんな前じゃあなかろう。
考えすぎだ。
オペラグラス持って行くべきか?
裸眼0.05、メガネで0.5、コンタクトでもそんなによく見えない。
そんなグダグダ考えているのも…、
楽しいっ!

あとは他の方のライブを捜すのと宿と交通だ。
[PR]
by farmony | 2007-02-28 17:33

定期購読せねば。

ウウォーーーー!

「ドンブリ界のドリトル先生やーーーー!」
とか言ってくれるんでしょうか。
(最高の褒め言葉のはず。)

例題が面白いの浮かばず残念。
[PR]
by farmony | 2007-02-28 17:13
オールディーズCDのCMをボーッと観てて気付いた。
私知ってる!そして歌ってる!
いや、驚く事ではないはず。
でもビックリした。
オールディーズのイメージは男の人はリーゼントに黒の革ジャン、女の人は赤地に白の水玉が入ったフレアースカートとポニーテール、そんなんで"オールディーズ"という言葉と私とは別世界だと思ってた。
なのにテレビに合わせて無意識に歌ってた。
「ロコモーション」はヨサコイで歌ったし、「アンチェインド・メロディ」やら「恋の片道切符」「カラーに口紅」「バラ色の人生」「酒とバラの日々」「ラブ・ミー・テンダー」「好きにならずにいられない」「エンド・オブ・ザ・ワールド」もサポートで入ったおっちゃんバンドでやった。
レパートリーが記憶から消えてた。
歌達よ、ごめんちゃい。

ん?
でもオールディーズってなんなのやろう。
ロカビリーやボサノバとかが混載してるから「ジャンル」ではなさそうだ。
時代?
懐メロって事?
うーん。

「MY GIRL」に続くオールディーズ第2弾! アンチェインド・メロディー
[PR]
by farmony | 2007-02-28 00:33
題の通りである。
滞っている。
その原因は大きい部分小さい部分とその他色々あるのだが、今悩ませているのは、
「今年はGWなの、聴くほうの音楽ツアー!ちょっとだけよ(仮題)」
である。

去年は8月に横浜と関西、一昨年は秋に東京で、その前は…覚えてないけどどっか行った、この「聴くほうのツアー」。
今年もそれくらいの時期に様子を見てから行こうと思ってたら、うちの仕事場、土曜日は例え有休だろうと休んではいけないらしい。
つまり盆休みだろうとも土曜は会社に来いって事で、金・土によくライブをやってるのにそれは観られないっちゅう事。
落胆。
秋の葉加瀬さんツアーだけじゃ、飢餓状態になっちゃうわ。
幸いGWは休んでも良いらしく、急遽GWに当てたわけだ。

でもツアーの割には決定①、予定①の2本しかない。
決定は「presents live image 6 six」(4/30大阪)で、予定は「小森啓資2days Session of Comorhythm~千秋楽~」(5/3京都)なり。

近辺で他の人のも捜してるんだけど、まだみたい。
ライブの予定が立たないので、宿の予定も交通の予定も立たない。
ANAの旅割は残少。高速バスは1ヶ月前から発売。
宿もすぐいっぱいになっちゃうだろうなぁ。
高級宿は無理だけど、民宿みたいな柔らかい場所がいいな。
とはいえドミトリーはまだ勇気がいるし。

そんなこんなをグルグル考えているわけです。
そうそう、会社のBGM選出?
WMPがやる気を失っているのでコピーできず。
完全インストやき声が入ってたら抜かんといかんのね。
もしかまんのやったらプリズマチカを入れたいんやけど。
どうよ。
[PR]
by farmony | 2007-02-27 01:32
切ない歌声とセンチメンタルなメロディーで“究極のラブソングの世界”へと誘う
『スーパーライブ LOVE SONGS~平井堅 大塚愛 アンジェラ・アキ~』
だそうです。

平井堅,大塚愛,アンジェラ・アキ,亀田誠治,本間昭光,寺岡呼人 
「恋愛写真」「桃ノ花ビラ」「CHU-RIP」「さくらんぼ」「プラネタリウム」(歌)大塚愛,
「THIS LOVE」「On&On」「HOME」「サクラ色」(歌)アンジェラ・アキ,
「瞳をとじて」「美しい人」「バイマイメロディー」「哀歌(エレジー)」「君の好きなとこ」(歌)平井堅
との事です。

ほーう。
[PR]
by farmony | 2007-02-25 20:48

私の青春G-CLEF!

しまった、規模の大きなタイトルになってしまった。
しかし何てことない。
今の職場でもBGM選出係を獲得致しまして、インストCD達を聴き返してたのでございます。

「ハッホイハッホイ」なんて聴こうものなら、学生時代これでビクッ!として目覚めた事を思い出すのでございます。
勿論これはBGMには使いかねます。
「くっくっくものうえっ」も使えません。

「HABANA」や「LOAD on RISE」の落合徹也さん作曲でベースが効いてるのがツボやったりします。
柏木広樹さんの優しい曲にホッとしつつ、愛兎の想い出を綴った「メモリー・オブ・ノンチャ」は今でもクーーッとなります。
新しくアルバムを初めて聴くとき「この曲好き」と一耳ボレするのはたいてい渡辺剛さんの曲。
榊原大さんはダイナミックなのから繊細なのまで、同一人物が描いていると思えないほどの世界の広さに感嘆。

G-CLEFに逢えて良かった!

で、今現在の作業はというと、持ってる限りのインストCDをPCに入れてからBGM選抜をし、CDコピーしよっかなっと。
HDDの容量足りるのか?
そして全部納めたところで、私はこれらをたった5枚のCDにまとめられる決断力と根気はあるのか?
次回この続き談があれば、挫折したって事だ。
[PR]
by farmony | 2007-02-23 21:19

もう遠き存在

ジュスカ様!
去年の奈良で相席しラザニアを食べてたジュスカ様は今はもう、ハッツフェスに出てハッツレーベルからCDを出してしまうジュスカ様になってしまわれたのですね。
あの日ひろせさんから手渡しで買ったパツパツのTシャツも、いつかライヴで着たいとクローゼットで待機しております。
高井さんから貰ったヨレヨレのチラシ達も、ちゃんとクリアホルダーでこれ以上折れてしまわぬようにしております。
はっ!!も、もしかしてこれらはレア商品?プレミア?
あぁ、Tシャツは一度着てるし、これにサインはない。
チラシもなぁ。チラシだかんなぁ。
ま、これらが1万円になろうとも売る気は無し。(10万円なら考える。)
大きな舞台に立ちつつも、草の根ライヴも是非続けてってください。
HPダイアリー内の写真を見ながらジェラってました。
[PR]
by farmony | 2007-02-22 23:40

ディープ・ブルーと戦う

e0096315_23115585.jpgディープ・ブルーのビデオを鑑賞中。
うちのチッコイ画面でも充分に迫力ビシッと感じます。

音楽もいいね~。
この音楽があるおかげでドキュメントをドラマティックにしてしまうんだな。
良い脚色の見本。
重低音が動物のエネルギーの強さや体重をも表現し、対して高音が軽やかにスピードや愛を醸しだす…って、こんな解説いらんがな。
このサントラは値打ちもんです。

でも、私、大群ものが苦手でして。
魚やカニがワンサといる映像…、気持ち悪ぅ。
一面をそれ一色にした光景も綺麗やろうし、小さいものが作る大きな影も意味深いし、そんなん全部踏まえてゴメンナサイ。
そんな理由で宮崎駿さんのアニメも少し警戒してしまうのです。
オームもイノシシも狸も1匹でかかってこい!
集団は勘弁してくれ~。

そんなわけで、ジンベイザメにフォーカスして、廻りのウジャウジャいる魚達はボーーと視線を合わさないようにしとります。
[PR]
by farmony | 2007-02-22 23:11

ぺずとあがづまさん

セッションぐーでした。
管楽器に交わると三味線が打楽器のような音色に変わります。

再放送ん時にビデオ録ろうかな。
[PR]
by farmony | 2007-02-22 00:02