インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

サイモン&ガーファンクルさんのとは少し違った世界観。

Jade Yin さんのHPから無料(!)ダウンロードできますえ。
他も色々と。

ガンダーラのサビに続きそう。
なので追加UP!All English Ver.
[PR]
by farmony | 2010-03-29 19:41
もしかしたらずっと前に書いたかもしれない。

あれはそうだなぁ、もう10年も前になるのかなぁ・・・!!
10年?!
はぁ、10年かぁ。

とあるリーダーズ研修に行ったんだけどさ、そこで自己開示みたいな儀式をやったわけよ。
もう怪しげ宗教と紙一重だわさ。
で、具体的な内容は濃すぎで面倒だから割愛するけどさ。

私にテーマ曲がついたんだわ。
(ぶっ飛びすぎで意味わかんないっしょ?)
その曲がこちら。

もう刷り込みに近く、
最近ではこの曲を偶然聴くたびに反応してしまうパブロフの犬。
あ、さすがに踊りませんぜ。歌うけどw

ABBA再結成も?
[PR]
by farmony | 2010-03-27 17:23

泣けるインスト

某サイト(←ファッション系で、インストの意味から説明してあるような、とんと音楽と遠いサイトのようだ。)で、「泣けるインスト」としてこちらが挙げられていた。

「泣ける」というより既に「泣きのギター」だじょ。
[PR]
by farmony | 2010-03-26 20:34
私は人見知りでございます。
そして人付き合いが苦手でございます。

ええ歳してと思われるのもなんなんで、そうではないように振舞います。
特にビジネスの場ではそんなふうには思われてないようです。

でも音楽の場ではそうは行かず、初めて出会う方、お久しぶりの方、長くのお付き合いでもしっくりこない方なんて、即効音に現れてしまうのさ。
身体が楽器なもんでごまかせねーよ。

逆に一発でヘイベイベーカモンな方もいる。
相性もあり、その方の器もあり。ありがとう。
e0096315_17182658.jpg

LOVEなミュージシャン、ピアニスト大ちゃんのエッセイより。

基本、ミュージジャンは一匹狼。実は人見知りな性格の人が多かったりするわけですが。
最近どう?とか、こいつはどんな奴じゃ?・・的に探りあいながら、今日の雰囲気を良くする為に楽屋での会話は重要です。
当然、くだけた話題がベスト。ステージ上では決してしゃべれない話題のオンパレードになったりすると結束も深まる。
ある意味怖いのは、ステージで音を出した瞬間にその人がなんとなく解ってしまうってこと。
背景とか人となり、とか。音は正直。


おぅ、そうなんか。
年月も場数も、出会った方も足元に及ばぬほどの経験がある大ちゃんでも、なのだ。
ま、薄々存じ上げてはおりましたが、改めて文章で読むのはなんかほっとした。

前のブログに「春は別れと出会いの季節」なんて書きましたが、つまりそういう意味ではすごく苦手なものが集中する時期である。

頑張るなといわれても頑張るざるをえない。

[PR]
by farmony | 2010-03-25 04:51
mixiで再会した高校時代の友人の息子さんが小4だった。

私が在籍していた時には80周年だったが、ついこの間100周年のお知らせがやってきた。

先生になった音楽仲間からキテシカトケになったと聞いた。
しっくりこない。キテシカトケだよ。
ま、私は「ケ」、つまりタイトル通り「AR」なんだが。
e0096315_14223136.jpg

早すぎるぞ。
色々な経験をしたつもりだが、成長してない。
肉付きは成長・・・自虐はやめておこうか。

これからもっと早くなるんだろうなぁ。。。
四捨五入すると新生児。
[PR]
by farmony | 2010-03-24 02:22

とにかくあせらず。


色々考えすぎて眠れないと嘆く位なら、起き続けてギネスを狙う。
そしたら足元にも及ばぬ甘さで眠りにつくことができるだろう。
[PR]
by farmony | 2010-03-23 03:39

歌ってきました。

e0096315_1828390.jpgただいま。
本日も幸せを頂いてまいりました。

挙式の前の時間に見学のカップルがいらっしゃったので、急遽触りだけ歌わせていただきました。
お二方のテレながらヴァージンロードを歩く姿がとても微笑ましかったな。
是非お待ちしております。

今日の主役のお二人もすてきなカップルでした。
式の間ずっと笑顔で、来賓の方々も笑顔で、幸せな想いがあふれていました。

結婚式・披露宴で使いたいBGMランキング2010


おおよそ月一ペースの挙式には、新ご夫婦の晴れの席に立ち会え、そして安心して歌える仲間が居て、勿論チャペルというパワースポットであるってのもあるけれど、幸せな気持ちを体感できる場所になっています。
最近の軟弱ハートの私に染み染みです。


牧師のティム先生から頂きました。e0096315_18134689.jpg
右の「幸せな結婚の秘訣」から一部抜粋。
良い結婚にはとこしえに夫婦でいようという決意が必要だ。
たぶん私はこのヒトコトにより、結婚できない決定打をもらってしまった・・・。
[PR]
by farmony | 2010-03-22 18:29

歌ってきます。


こんな歌い方ではないけれど。


こんなのもやってみたい。
[PR]
by farmony | 2010-03-22 12:58
学生ではないが、それでもやはり春はそういうパワーを持っていて、曲げられない女ですらどうしても受け入れざるを得ない状況となる。e0096315_6222366.jpg 

そんな中で「繋がり」というのはそれをも超えるパワーを持ち合わせている。

弱さから繋がりを自ら断ち切る言動をしてしまう。
それでもこんな愚かな私に繋がっていてくれる人、事柄すら有り、それらに匹敵する以上の感謝で答えなければならない。

*************************************

このままでもいいといわれても、1日24時間自分と付き合っている私としては、
チェンジ・マイ・ライフしたい。
ええ歳して方法がよくわからん。

ありがちな初級編からやってみようか。

例えばピアスをあけると運命が変わるとな。
済み。

血を抜いてみる。
健康時に献血30回以上、今でも採血しまくり。

子供を産むと体質が変わるとな。
その前に相手だ。

住む場所を変えてみる?
実家以外に6ヶ所住んでみた。延べの引越し回数はそれ以上なり。

厄年も過ぎた。

頼りまくっていた親友には少し距離を置いてもらった。

私に遺伝子を9割以上継がせた大嫌いな父も亡くなった。

それでも何も変わらん。
てか、後退しているか?


てことで、親知らずをとるコトにした!!(・・・おいっ、浅いぞ。)

「抜く」ではないのよ。
普通に抜くのは経験済み。
でも今度決心したのは、、、、ここからグロいので片目にて読むべし。

あれはもう1年前。時々歯痛があるので虫歯かと思ったが、歯科でレントゲンを撮った。
右下の親知らずが歯茎の下で横向いて生えていて、それが横のレギュラーの歯をノックしているらしい。

通常の抜歯ではなく、手術が必要と。
歯茎を切り、親知らずをコツコツ砕き、ザックザック掘る。そして縫う。
私は顎が細いほうなので、口の奥でその作業をするには、歯だけではない部分にも手を加えなければいけないかもしれん。

で、そんな話を聞き、常に痛いわけでないからと先延ばしにしてきたがw
この程度では何も変わらないのは経験済み。
でも、何もせんよりか何かするほうが、まだマシかと思いまして。

歌に影響するので結婚式の入ってない時期を狙う。
ので、手術自体は先の話。
今日は紹介状を書いてもらう為の歯科訪問。


話がどんどんデクレッシェンドしていった。そんなもんさw

[PR]
by farmony | 2010-03-18 06:14

ボーダーレスです

つい最近30歳になり、ソロ名義のツアーもまさかの自分の車で移動で、「Snake」や「セレブ弦楽四重奏団」等のユニットでも活動し、藝大主席卒ながらジャズの世界を突っ走る、バイオリニスト真部裕(まなべゆう)氏の、(ぜぇぜぇぜぇ・・・、肩書きが一息で言えんわ。)ファーストアルバム「Borderless」が発売されております。
ん?ファーストなん?ま、そゆコトだろう。

以下bootrecordさんのコピペだわね。
**************************************
e0096315_557371.jpg
Artist Name / 真部裕 (Yu Manabe)
Album Tittle / Borderless
Product Number / BTRD1019
Price / 3,150 yen

Track List
01 Scandinavia wind
02 Armand’s Rumba
03 Honobono Haru – ほのぼの春
04 Rock It
05 MIT
06 For the first time – はじめて
07 Back My Money
08 Violin solo sonata No1 in G minor Op.27 No1-1 Movement Grave
09 Violin solo sonata No1 in G minor Op.27 No1-2 Movement Fugato
10 Violin solo sonata No1 in G minor Op.27 No1-3 Movement Allegretto poco scherzoso
11 Violin solo sonata No1 in G minor Op.27 No1-4 Movement Finale con brio
12 Yellow Submarine

**************************************
まだ手元にはないものの、マイスペでヘビロテ。

「MIT」は色々なアレンジ&メンバーで聴いたけど、今度のアレンジはちょっとこじゃれたカッフェーなんかで聴いても良さげな感じで良さげなり。

DVDも楽しみじゃ。

そしてツアーはもうすぐ四国上陸!!
e0096315_61063.jpg

[PR]
by farmony | 2010-03-16 06:13