インストを愛する波乱万丈なボーカリストの日常


by farmony

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

一時帰宅

本日は練習にて、家に帰っとります。

休憩時にバンド演奏繋がりでAKB48の話に。
ヘンスケの皆様、メンバーの7、8人なら名前を言えるそうで、ビックリ。

この前は関ジャニ∞も、同じくバンド演奏繋がりで出てきた。
ビックリ。
[PR]
by farmony | 2012-02-26 23:41 | 身体のコト

ちょっとお休み。

明日からちょこっと入院してきます。
今んとこ退院日を知らされてないですが、土日には外出OKの前約束をガッチリしたので
練習とラララは出る!
そこだけは前の入院でも絶対条件だったなぁ、しみじみ。

もう一回読み直したい本と、
ぼんやり聴きたいCDと、しっかり聴かねばのCDとを持っていきます。
この機会にノートパソコンかPSPを買ってしまおうかとも思ったが、
まぁその状況を楽しむのもええかな、と。

目標の第一は当然「治る目途が立つ!」でして、
第二目標として「やせて帰る!」でございます。
貧相な病院食であることに期待だ。
但し、もう喫茶やコンビニの場所をチェック済み。だめじゃん。
[PR]
by farmony | 2012-02-15 22:47 | 身体のコト

The Greatest Hit

最近、ベストCDを買った。
今年に入ってだからまだ1ヶ月経ったかぐらいの、最近。

サントラや複数のオムニバスで、
主要な曲なら十二分(つまり被り多数)に持っていて特に不便も無かったんだけど
彼女の名がタイトルについたものを持っていたいという、ただの所有欲。

ワールドサイズのヒット曲を連続で聴く、「圧」よ。
e0096315_7595863.jpg

昨日、訃報のニュースが届いた。
なんか文章を飲み込めなくって、何度も読み直した。

あれ?つまりは彼女の加齢した声は聴けないって事なのか。
そうか…。


L.A.の教会で行われた追悼式の様子がTVニュースで流れた。
彼女の「I Love The Lord」が流れていた。


存在の方法は変わっても、彼女は生き続ける。
[PR]
by farmony | 2012-02-13 07:01

ADELE

アレサ・フランクリンの類似シンガーって所から、彼女に行き着く。
似てるか?

試聴してみたら、あ、ええじゃないかと。



あんたまだ23歳かいな?!
なんか、ゴメン。。。

ADELE公式サイト
試聴充実。
[PR]
by farmony | 2012-02-12 07:27
映画「My Best Friend's Wedding」がGyao!で公開中であります。今気がついた。

ジュリア・ロバーツとキャメロン・ディアスが共演している豪華なラブコメディーでございます。

e0096315_1491952.jpgベスト・フレンズ・ウェディング」2/22まで

私の一番好きなシーンは48:50から。
(とはいえ、いきなりそこから観たらいかんぜよ。)
ジュリア・ロバーツ演じるジュリアンの表情からも読めるように、場の雰囲気ほどハッピーではない心境。
ストーリーの流れからは少し感情移入してしまって、同じく複雑な心境になってしまうんですが…。
映画が終わった後、新たな気分でこのシーンを見直し、できればその他大勢に紛れた気になるとすごく楽しめるシーンです。

♪Would only be heartbreak for me~ ネタバレ(笑)
[PR]
by farmony | 2012-02-10 22:59
発売は去年2011年4月22日でして、だいぶ遅いんですが。
しかも3月にはもう次のアルバム「Seeds of Life」が控えております。
なんの情報もないですが、リンク貼ってみた。
東京と大阪でLIVEがございまして心が揺れてみる。

冒頭から脱線。
このアルバムは前述どおり、カフェCDシリーズの一端ではありますが、
全編録りおろしで内2曲がオリジナルでございます。

e0096315_2332888.jpg

夜カフェ~ピアノ/ 榊原大

1 ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス
2 ザ・ファースト・カット・イズ・ディーペスト
3 煙が目にしみる
4 恋人と別れる50の方法
5 ソー・ファー・アウェイ
6 美しき生命
7 プロミシング・サイン
8 バック・フォー・グッド
9 ザ・グレイテスト・ラブ・オブ・オール
10 ヒューマン・ネイチャー
11 ブルー
12 マスカレード
13 フェリース
14 バードランドの子守唄
15 カヴァティーナ  

榊原大(piano) 村上聖(b) 石川智(perc) 遠山哲朗(gt)

試聴その1
試聴その2

いつもの大ちゃんからいうと大人しいといいましょうか、なんせBGMですから。
でも聴き込むとやはり大ちゃん独特のタッチを感じます。
書きおろしの「プロミシング・サイン」なんかは、それがくっきり浮き出てるような。
「マスカレード」はカバーのセルフカバーという、約20年越しの知る人ぞ知る嬉しい選曲。

メンバーにしてもカフェ=ボッサ=越田太郎丸さん(gt)と、
浅い連想で予想するも哲朗くんでございました。
彼のギターも好きではありますがエレキの印象が強いので(アコギも聴いた上で)、
全体像としてどんな音になるだろうと思ってたら、ごめんよー。
アコギもやっぱりいいわね、て事で。エレキもありますえ。
なんか上から目線風になっちまったけど、
哲朗くんは、ギタリスト界の上のほうにいるていう大前提で言っておりますので、あしからず。

これもヘッドホンでも聴いてほしい1枚。
大ちゃんの大事にする衣擦れや息遣いも、鍵盤そのものの音も。
息吸う音がマイクに入るボーカルを嫌う人がいますが、私は好きのうちで聴いてる。
ピアノにしてもしかり、です。

あまりにも気持ちが強すぎて言葉にまとまらぬため、キャッチコメを引用してみた。
以下、AMAZONや山野楽器から引用

「リラックスしたい夜にお酒を片手に楽しめる人気アルバム「夜カフェ」第2弾は、ゆったりラウンジで聴きたい、スタイリッシュなピアノ・アルバム。
「Just The Two Of Us」「Back For Good」「煙が目にしみる」「The Greatest Love Of All」などのラバーズ・ソングから、「バードランドの子守唄」「マスカレード」などナイト・フレイヴァーあふれる洋楽ナンバーをくつろぎ時間に合うミディアム~スロー系アレンジでカヴァー、さらに榊原氏のアーバンなオリジナル2曲を含む全15曲を収録。
もの想いにふけりたいひとりの夜に、ふたり時間を過ごすための心地よいスパイスに…。
時にはジャジーに、そしてスムースにあなたにやさしく寄り添う、大人のピアノ・アルバムです。」

さあ、どこからつっこもうか…。
意味は知らんわけではないが、なんじゃこりゃ。
どちらかというと、メロウでアンニュイでしょう(笑)

カフェBGMブームをきっかけに知らない人も大ちゃんの音を聴いてもらいたいな。
で、他のCDも聴いて「こんな感情豊かなんか」と驚いて
LIVEに来てハート目になって頂いて
MCの下ネタでガッカリしてもらうとちょうど良いかと。
[PR]
by farmony | 2012-02-05 00:13

World Music Journey vol.5

e0096315_2322334.jpg

レクチャーコンサートシリーズ World Music Journey vol.5
「アメリカン・ルーツ・ミュージック~その源流から拡がりへ~」

国際的な音楽交流を中心に高知を楽しくするプロジェクト
[PR]
by farmony | 2012-02-04 18:00
e0096315_17265714.jpg
しまむらかずお&カノンズ立春リサイタル2012~東の空へ歌よとどけⅡ~
日時2月 4日 (土), 17:30 ~ 20:30

開場 17:00 開演 17:​30 終演 20:20
前売 一般 2,500円 中高生 ​1,000円 
当日 一般 3,000円 中高生 ​1,500円
@高知県立美術館ホール
説明主催・お問い合わせ先 しまむらかずおオフィス  ​088-831-8393

収益で地震被災した地域の小学校にピアノを贈る&送るそうです。
[PR]
by farmony | 2012-02-04 17:00

アナログです。

Prismaticaがニューアナログ「Bossa Voyage」を発表!
e0096315_052242.jpg

どうしよう。
愛すべきプリズマチカがニューリリースをしたというのに、
このピンとこない感じ。

アナログて!!
12インチて!!(←ただの的外れつっこみ。)
レコードは勘弁してくれよー。
聴けねーよー。

(A面)
1. It Ain’t Over Till It’s Over (Latin ver.)
2. Nacao
3. Flowers & Bugs
(B面)
1. One Note Samba
2. Wave
3. Life Giving Water (Jazztronik remix)

One Note Samba"と"Wave"は新録なので、聴いてみたいのだがしかし。
試聴も見つからんのでマイスペにUPされるのを待つか。
[PR]
by farmony | 2012-02-03 00:50